カリモク60の人気の秘密とは?新生活にベストバイな魅力!

ブランド家具紹介

ミッドセンチュリー家具をご存知でしょうか?

海外ではイームズを始めとしたデザイン家具が人気を集めていて、現在も幅広い世代から親しまれていますよね。

一方のニッポンのデザイン家具では、1960年代に生まれたデザインが「復刻品」や「リプロダクト品」として大変なブームになりました。

今回ご紹介する「カリモク60(ロクマル)」シリーズもそんなミッドセンチュリー期に生まれたエポックメイキングなデザインを楽しむ事ができるシリーズとして、現在まで続く人気シリーズとなっています。

そこで今回は、カリモク60の人気の秘密や新生活にベストバイな魅力についてご紹介していきます!

1960年代当時生まれてなかった世代の方も、きっとこの家具の魅力にハマって頂けますよ。

カリモク60の人気の秘密とは?

1960年代のデザインを楽しめるシリーズとして、若い世代にも人気が高いカリモク60。
ここではカリモク60の人気の秘密についてご紹介していきますね。

カリモク初期モデルの復刻デザイン

カリモク60の「カリモク」とは、1940年に創業した刈谷木材工業という会社の愛称から来ています。

愛知県で家具の製造を手がけていた刈谷木材工業はのちに「カリモク家具株式会社」となり、「カリモク」の相性で幅広い世代から親しまれる家具メーカーとして成長して来ました。

カリモク60は、カリモク初期のモデルとして1962年に誕生した「kチェア」などのラインナップを「当時と同じデザイン」として楽しむ事ができるシリーズとなっています。

きっかけは「ロングライフデザイン」

カリモク60の誕生のきっかけとなったのは、2000年頃に東京発のコンセプトとしてデザイナーのナガオカケンメイ氏が考案した「Long Life Design」(ロングライフデザイン)が発端となっています。

このコンセプトの意味は、「長い年月を経ても普遍的な魅力をもつデザインとは何か?」というものでした。

そんなナガオカ氏の呼び掛けにより、1960年代当時のデザインを楽しめる新たなブランドとしてカリモクと共同で立ち上げ。

こうして2002年「カリモク60」は誕生しました。

ファッションアイテムとしても人気に

1960年代より、変わらず作り続けていた商品を新たに見直すきっかけとなった「カリモク60」。

2002年のブランド設立当時から若者を中心にブームとなりました。

今までの家具の扱いとは異なりデザイン感度の高いセレクトショップなどに展示された事や、メディアで取り上げられるなどファッションアイテムとして注目される機会も増えました。

またどこか懐かしく、愛着の湧くデザインは男女問わず人気があり、北欧やミッドセンチュリースタイルに馴染む家具として、現在も高い人気となっています。

新生活におススメな理由

現在ではお洒落なカフェやサロンなど、店舗でも使用されているカリモク60は、春から新生活を始める新社会人の方にも是非使ってみてほしい家具シリーズです。

その理由として、お洒落なイメージにある「ノスタルジックさ」を楽しめることと、「長く使える」事の2つの魅力があるからです。

現在では価格で探せばたくさんの安い家具が見つかりますが、カリモク60は価格と品質のバランスを重視し「丈夫で長く使えるよう設計」されています。

けっして安くはないですが、新生活をきっかけに「長く使えることの魅力」について、是非考えてみてほしいと思います。

カリモク60人気のモデルをご紹介

ここではカリモク60の人気モデルをご紹介していきます。

ご紹介する商品の特徴も合わせて解説しますので、是非参考にご覧下さいね!

定番人気のリビングソファ

【カリモク60】 Kチェア 2シーター
サイズ : 幅133×奥行70×高さ70×座面高さ37cm

1962年に誕生したカリモク60を代表するモデル「kチェア」。
コンパクトなサイズ感としっかり硬めの座り心地が人気の秘密です。

張り地は丈夫でツヤ感のある合皮と、ノスタルジックな魅力のあるモケットグリーンから選べます。
60年代コーディネートをお部屋で楽しんでみましょう。

*サイズ違いの1シーター(幅70cm)もありますよ。

※この商品は組み立て式(ノックダウン)構造となっていますので、プラスドライバーが必要になります。

【カリモク60】kチェア1シーター

ホテルのロビー用に生まれた名作ソファ

【カリモク60】 ロビーチェア 3シーター
サイズ:幅174cm×奥行78×高さ73×座高さ39cm

kチェアが生まれた後の1968年に発売されたロビーチェア。

しっかりしたバネに密度の濃い置きクッションで構成されたダブルクッションは、リビングで長時間寛ぐソファとしてもピッタリ。

60年代のホテルでくつろぐ感覚で使用できるデザインで、現在も大人気のモデルとなっています。

*サイズ違いの1シーター(幅78cm)2シーター(幅124cm)もありますよ。

【カリモク60】ロビーチェアチェア1シーター 【カリモク60】ロビーチェアチェア2シーター

足を伸ばして寛げるオットマン

カリモク60 オットマン
サイズ:幅45cm×奥行45×高さ35cm

ソファとくっつけて、足を伸ばしてリラックスできるオットマン。

来客時などに座面だけのスツールとしても使用できますので、1つあると非常に便利ですよ。

ソファと同じキルティングデザインなので、お部屋にもしっくり馴染みます。

コンパクトなソファと合うテーブル

カリモク60 リビングテーブル小
サイズ:幅90cm×奥行43cm×高さ48cm

ソファと合わせて使いやすいコンパクトサイズのテーブル。

座面より少し高めに設計されているので、飲み物や雑誌が取りやすいので便利。

今回ご紹介したリビングアイテムの他にも、ダイニングやキャビネットなど、トータルでお部屋をコーディネートできるアイテムも揃います。

お部屋の広さや予算と相談しながら、少しずつ買い足ししても面白いですよね。

*ミッドセンチュリー家具についてはコチラ!

ミッドセンチュリー家具の歴史とは?ヴィンテージ感を楽しむ
お洒落なインテリア雑誌やショップなどで「ミッドセンチュリー」という言葉を耳にする事があります。私は家具販売をしていますが、普段扱いがないのでざっくりと「1960年代」のイメージが強い印象です。どこか懐かしくて、ポップなイメージもありますよ...

修理して長く使えるのも魅力

家具は「耐久消費財」と言って、ある程度長く使える消耗品でもあります。

しかしソファやダイニングの座面を張り替えたり修理することで、古くなった家具もより長く使える事をご存知でしょうか?

実はもともと修理して長く使う事を前提にカリモク60は設計されていますので、修理を希望する場合は是非問い合わせてみましょう。

※ソファの張り替えについてはコチラ

ソファの張り替え修理。依頼する方法と注意点などをご紹介!
毎日リビングでゴロゴロしたり、子供が飛び跳ねたり。いつも一緒にいるソファ。ふと気ついた頃には、張地が破れてしまったり、クッションがぺちゃんこになってしまったり。自分で使ってボロボロにしてなんですが、妙に腹が立つことも。「じゃあ買い替えよう...

まとめ

今回は、カリモク60の人気の秘密や新生活にベストバイな魅力についてご紹介しました。

1960年代当時のデザインを変わらず展開し人気のカリモク60は、「長く使える普遍のデザイン」に秘密がある事が分かりましたね。

60年代のどこか懐かしく可愛いデザインは、新生活を始める社会人にもおススメのシリーズでした。

私もブランドができた当初をよく覚えていますが、セレクトショップを中心にファッションアイテムとしても人気が高かった事を覚えています。

また、愛着のあるモデルを修理して長く使える点も魅力でしたね。
春からの新生活に、カリモク60を是非使ってみて下さいね!

【カリモク60】公式サイトはコチラ

*新生活の家具についてはコチラ!

新生活をスタート!新社会人マストバイなインテリア10選!
新社会人・新入生の新生活を応援するお洒落でコスパの優れたインテリアを10アイテムご紹介!リビングダイニングをはじめ、ベッドやダイニングボードなど生活を快適に過ごせる家具をセレクトしました。是非この機会にお求めくださいね!
タイトルとURLをコピーしました