家庭用蓄電池のメリット・デメリットとは?おトクなプランも

お役立ちコラム

普段の生活で使う電気代、実は年々値上りしている事をご存知でしょうか?

最近では電気代のコスト削減や災害時の停電対策など、もしもの時に備えた「自家発電」が注目されています。

自家発電では太陽光パネルやエネファームなどの発電装置と合わせ、作った電気を貯めておける「蓄電池」の必要性が高まって来ています。

そこで今回は、家庭用蓄電池のメリット・デメリットについてや、電気代を節約するおトクなプランについてご紹介していきます。

スマートホーム化などこれから益々重要になる電気の使用について、是非この機会に考えていきましょう。

\ 「家庭の蓄電池」公式サイト詳しくはコチラ /

家庭用蓄電池のメリット・デメリット

BY energy-ecohome.com

自家発電した電気を貯める際必要な「家庭用蓄電池」にはどのような特徴があるのでしょう?

ここではメリット・デメリットについて詳しくご紹介していきます。

家庭用蓄電池のメリット

蓄電池を設置した際のメリットは以下になります。

・エネルギーを効率よく使える

太陽光発電パネルで貯めた電力を蓄電池に貯めることで、安定した電力を家庭用で使用する事ができます。また、効率よくエネルギーが使え電気代を大幅に節約することが可能になります。

・災害など非常時の備えとして

近年は地震や台風など、自然災害が以前より増える傾向にあります。こうした災害により送電線がストップした場合は、たちまち生活が困難な状況に陥ることになります。
蓄電池は電気を貯めることができ、停電時など予め電気の供給を確保できる設定ができるモデルもあります。災害時の防災対策としても、蓄電池は注目されています。

・電気エネルギーの供給源として

最近では蓄電池で貯めた電気を使用し、家電や電気自動車などをモニターで一元管理する「HEMS(ホームエネルギーマネジメントシステム)」が話題となっています。
HEMSでは、外出先からスマートフォンで家電など遠隔操作することも可能になります。蓄電池は次世代スマートホームの供給源としての役割も期待されています。

このように家庭用蓄電池のメリットは、電気を貯めることで効率よく家庭内のエネルギーを使用する事ができます。

家庭用蓄電池のデメリット

一方家庭用蓄電池のデメリットでは以下の内容があります。

・使用できる電気量に限りがある

蓄電池に貯めることができる電気量には限りがあるため、容量の少ない製品などでは「電気の使用量」に気を付ける必要があります。
このため蓄電池には電気を効率よく使用するための「各種モード設定」があります。放電時間や残量などをコントロールし、効率よく電気を使用しましょう。

・経年劣化が起きる

蓄電池には充電できる回数に寿命があり、古くなった場合交換が必要になります。規定の充電回数を超えると、蓄電できる容量が徐々に少なくなります。
機種やメーカーによっても寿命は異なりますので、定期的なチェックが必要であることを覚えておきましょう。

・置く場所の確保

家庭用蓄電池は、平均で幅100cm〜の設置場所を確保する必要があります。
また、サイズ以外にも高温・低温になりすぎないことや結露しないなど条件がありますので、業者の方に現地調査を依頼してみましょう。

このように蓄電池のデメリットでは、容量が限られることや製品寿命がある事が分かりました。
いずれも定期的なメンテナンスで、効率よく電気を使用する事が大切になります。

蓄電池が必要とされる理由とは?

最近、家庭用蓄電池が必要とされる機会が増えてきています。
ここではその理由について解説していきます。

年々値上がりする電気料金

BY energy-ecohome.com

電気料金は東日本大震災以前の2010年と比べ、ピーク時の2014年には約25〜38%上昇しました。

その後値下がりしたものの、直近では16〜21%と依然として値上がり傾向が続いています。

このように日々使用する電気料金の負担が増えている事が、理由のひとつと言えるでしょう。

FITによる売電保証の終了

BY Unsplush

太陽光発電などで生まれた電気を売電していた家庭では、2019年11月以降固定価格での買取り期間が順次終了しています。

期間終了後は売電価格が大幅に値崩れするケースや、買取り不可になる可能性も。

また、何もしないでおくと、電力会社に無償で電力を供給することになります。

将来的に売電収益は期待できない可能性が高いため、今後の選択肢として蓄電池を購入する方も増えて来ています。

ケエイチ
ケエイチ

経産省の発表では、2020年10月時点の平均値は9.0円/kWh。
2011年3月時点では48円/kWhでしたので売電価格は大幅に安くなる傾向にあります。

太陽光パネルと組み合わせておトクに

BY Unsplush

太陽光パネルを使用している方で、蓄電池を購入した場合のおトクなプランについて考えてみましょう。

・太陽光パネルで発電した電気は日中に使用し、蓄電池に貯まった電気は夜間に使用できます。

・電気事業者より購入する電気を極力少なく購入する事ができるため、大幅に電気代をカット。

・余った電気は、従来より単価は安いものの、買取りしてもらえるケースも。

このように家庭用蓄電池を太陽光システムと組み合わせることで、発電した電気を無駄なく使用できます。

結果電気代を大幅に削減できますので、おトクなプランをシュミレーションすることが可能になります。

蓄電池購入をサポート

BY energy-ecohome.com

対象地域 : 埼玉県・静岡県・愛知県・三重県・岐阜県・滋賀県全域の方
対象物件 : 一戸建て
※マンションは対象外となります。

「家庭の蓄電池」公式サイトでは、上記エリアを対象に各種メーカーの蓄電池を取扱いしています。

現在太陽光パネルを使用している方には蓄電に効果的な対応機種を探してもらえます。

一方新たに太陽光システム導入を検討されている方は、お得なキャンペーンを利用してみましょう。

工事費用の負担なし

BY energy-ecohome.com

キャンペーンにより蓄電池の設置費用・工事代が無料になります。

太陽光パネルが貰える

BY energy-ecohome.com

蓄電池を購入すると自家発電に必要な太陽光パネルがプレゼントされます。また、設置の際に必要な現地調査も無料で依頼が可能です!

電気料金が1年間無料に

太陽光システムを購入・設置しJapan電力でご契約の方は電気料金が1年間無料で利用できます。

※詳しくは「家庭の蓄電池」公式サイトをご覧下さい。

サービス利用の流れについて

BY energy-ecohome.com

太陽光システムのサービス利用は以下の流れで依頼します。

見積り依頼を送信

「家庭の蓄電池」公式サイト・お見積りフォームより見積りを依頼しましょう。
※マンションは対象外となります。

最適なプランを見積り

料金シュミレーションや現地調査を依頼し、日々の生活に最適なプランを検討できます。
尚、見積りや現地調査は無料にて依頼が可能です。

申し込み

プランや導入メリット・デメリットに納得できた段階で申し込み・契約となります。

設置工事

専門の技術者により施工・設置作業を依頼します。
導入にあたって、安全品質が徹底された設置作業を受ける事ができます。

完成

作業員とともに設置内容の確認・検査を行います。
品質や安全に問題ない状態が確認できれば、運転開始となります。

「家庭の蓄電池」では、徹底した品質管理と安全な施工・設置を依頼する事ができます。
太陽光システムをご検討されている方は、是非見積りを依頼してみましょう。

\ 蓄電池の見積りフォームはコチラ /

ケエイチのイチオシポイントは?

太陽光システムによる自家発電は、売電(電気を売る)時代からおトクにエネルギーを活用する時代へと移り変わって来ています。

太陽光パネルで発電した電気を貯めることができる家庭用蓄電池は、自家発電を効果的に運用するうえでこれから益々重要になると言われています。

日々の電気料金を抑える蓄電池を、この機会に是非検討してみて下さい。

ケエイチ
ケエイチ

「家庭の蓄電池」公式サイトに、お気軽に相談してみましょう!

まとめ

今回は、家庭用蓄電池のメリット・デメリットについてや、電気代を節約するおトクなプランについてご紹介しました。

普段の生活に欠かせない電気料金が値上がりしている事をご紹介しました。

このため電気料金を抑えるため、自家発電に必要な蓄電池のメリット・デメリットについて解説しました。

蓄電池導入にあたっては、効率的にエネルギーを使用できる点や災害時の備えとしても頼もしい存在でしたね。

ご紹介しました「家庭の蓄電池」では、これから太陽光システムを始めやすい特典が付いて来ます。

日々の電気料金を抑え、おトクに運用できる太陽光システムを是非ご検討下さいね。

\ 「家庭の蓄電池」公式サイト詳しくはコチラ /

タイトルとURLをコピーしました