リビングダイニング用の家具を探す!食後の寛ぎ時間も楽しむ

お役立ちコラム

マンションや一戸建てのスペースでは、寛ぐリビングと食事するダイニングスペースが一体となった(LD・リビングダイニング)が主流ですよね。

最近では、このLD空間をより広く有効に使用する方法として「リビングダイニング家具」が提案されるようになりました。

そこで今回は、食後の時間も楽しめるリビングダイニング用の家具の探し方についてご紹介していきます。

家族が寛ぐ楽しみ方として、是非参考にご覧くださいね!

リビングダイニング家具って?

LD空間を広く、有効に使う方法として考えられた家具になります。

今まだでのダイニング家具と似ていますが、次の2点がダイニングと大きく異なる点となります。

  • テーブル高さが低い

一般的なダイニングテーブルの高さは70cm前後ですが、リビングダイニング用のテーブルは65〜60cmと少し低めの高さになっています。

  • ソファや背付きベンチを合わせる

チェアの組み合わせとして、2〜3人が寛ぐことのできる背付きベンチやソファを合わせる事ができます。

この2つの特徴で、従来のダイニングのように「食事」を目的とした用途のほかにも「寛ぐ」事ができる点が、リビングダイニング家具の特徴となっています。

テーブルの高さが低いと、テーブル上の視野が広くなりますので「リラックス効果」が高まります。

サイズとレイアウトを決めよう

リビングダイニングの家具を選ぶ際、テーブルサイズと家具を配置するレイアウトが重要になります。

  • テーブルサイズ

通常のダイニングに比べ、チェアが大きめのゆったりサイズが多いので、テーブル幅は少し大きめが必要です。

例 : 4人で使用する標準幅135cm→150〜165cm

  • レイアウト

お部屋を広く使うために、リビング用のソファを設置せずリビングダイニング家具のみ設置する方法もあります。

スペースにゆとりがある場合は、ダイニングのスペースに置けるか、寸法を測ってみましょう。

LDソファを配置する場合の注意

LDソファをセットに組み込む場合、通常のダイニングより奥行きが余分に必要になります。

例 : 通常のチェアを引く際の奥行き60cm→LDソファの必要な奥行き80cm

このように、通常のダイニングスペースより幅・奥行きが必要な場合がありますので、注意しましょう。

昇降テーブルも便利

テーブルの高さが変えられる「昇降タイプ」は、リビングダイニング家具では大変便利なアイテム。

食事が終わったら、テーブルの高さを低くする事で、リラックスタイムにも対応できますよ。

TVボードは目線が合う高さを

通常のテレビボードは、ソファの座面高さに合わせて45cmくらいの高さが多く販売されています。

リビングダイニング家具に合わせる場合は、65〜70cmくらいのサイドボード感覚で使えるTVボードをチョイスすると、快適に使用することができます。

生活スタイルを楽しんでみよう

リビングダイニング家具が人気になる前から、ダイニングの使い方にも変化が出て来ていたのをご存知でしょうか?

食事が終わった後にコーヒーを飲んで寛いだり、仕事や勉強をする使い方が出て来たんですよね。

家族での時間の過ごし方や、コミュニケーションの取り方が変化してきています。

リビングダイニング家具は、自分や家族の過ごす時間をよりリラックスできる生活スタイルに変えてくれるかも知れませんよ!

まとめ

今回は、食事の後にも寛げるリビングダイニング家具の探し方についてご紹介しました。

従来のダイニングとの違いは、それほどないように見えますが、寛ぎ感が変わる事で、家族に過ごし方もよりリラックスできる事がわかりました。

お部屋の寸法はかかりますが、ソファを合わせるタイプはよりリラックス効果が高いのでおススメです。

リビングダイニング家具で、家族のコミュニケーションを深めてみて下さいね!

タイトルとURLをコピーしました